ハフリーヌの書棚

読書日記、短歌と愛蔵の品々

三島由紀夫『小説家の休暇』

小説家の休暇 (新潮文庫)
小説家の休暇 (新潮文庫)
新潮社


「六月二十四日(金) 快晴で、酷暑である。今年の梅雨は空梅雨らしい。久々で神田の古本屋歩きをし、高野辰之氏と黒木勘蔵氏の校訂にかかる『元禄歌舞伎傑作集』上下を買う。珍本なり。」


三島由紀夫の『小説家の休暇』は、こう始まる。
酷暑・空梅雨という言葉が、今年の夏となんとも被る。
この本のページをわたくしは何度繰ったことか。
昭和30年6月24日から8月4日までの1ヶ月半、日記形式で綴られた著者の考察や評論や随筆が断章形式で語られている。


日記風でありながら、そこに思索の軌跡を描く風情を、わたくしは三島由紀夫から習った気がする。その機知、その警句、その切り口の鮮やかさ。
こうした文章を書くことにかけて、三島由紀夫は超絶的にうまい。


わたくしは、小説全般に対してあまりよい読者ではなく、読むのはもはら評論や随筆である。その点でいえば、この『小説家の休暇』はわたくしの気質にぴったりと合った作品であり、実際三島作品の中で一番多く読み返している。


三島 由紀夫(みしま ゆきお)、大正14年1月14日 -昭和45年11月25日)

日本の小説家・劇作家・随筆家・評論家。

戦後の日本文学界を代表する作家の一人であると同時に、ノーベル文学賞候補になるなど、日本語の枠を超え、海外においても広く認められた作家である。

『Esquire』誌の「世界の百人」に選ばれた初の日本人で、国際放送されたTV番組に初めて出演した日本人でもある。


45歳で死んだ三島は、生きていれば今年93歳であり、『休暇』を執筆したころは丁度30歳であった。ボディビルを始めるのはこの直後であり、『金閣寺』の構想も練られ始め、前年には『潮騒』がベストセラーとなっていた。


「今私が赤と思うことを、二十五歳の私は白と書いている。しかし四十才の私は、又それを緑と思うかもしれないのだ。それなら分別ざかりになるまで、小説を書かなければよいようなものだが、現実が確定したとき、それは小説家にとっての死であろう。」


不確定だから書くのである、


「とにかくわれわれは、断乎として相対主義に踏み止まらねばならぬ。宗教および政治における、唯一神教的命題を警戒せねばならぬ。幸福な狂信を戒めなければならぬ。現代の不可思議な特徴は、感受性よりも、むしろ理性のほうが、(誤った理性であおうが)、人を狂信へみちびきやすいことである。」


この文章から思い出されるのは、澁澤龍彦のこの一文である。


「三島氏の最後の行動を錯乱と名づけてよいかどうかは疑問であろうが、氏が持ち前の理性の劇に耐えてくれたならば、と思わずにはいられない。今日、理性は情念や感性にくらべて評判が悪いようであるが、人間全体として眺めれば、決してそんなものであってよいわけがない。」(『サド侯爵夫人』の思い出)